• お申込み手順 3STEP
  • 申込書記入例
お申込みは簡単です。本人確認書類と押印(またはサイン)をお忘れなく。
申込書オモテ
黒のボールペンで、ていねいに、はっきりとご記入ください。
フリガナをカタカナで忘れずにご記入ください。ミドルネームは、「フリガナ」の「カナ名」記載欄にご記入ください。  (フリガナの記入が無い場合、カードが発行できません。)
 「本人確認書類」と同じ氏名をご記入ください。ミドルネームは、「申込人氏名」の「名」記載欄にご記入ください。※略字・簡易文字は不可
和暦(明治・大正・昭和・平成)もしくは、西暦にチェックし、対応する年を左詰めでご記入ください。
  taspoの送付先住所を漢字でご記入ください。 勤務先等ご自宅以外でも可能です。 ※送付先はご本人様がお受け取りいただける日本国内の住所に限ります。
申込書オモテ
注:顔写真に関する注意事項 顔写真チェックポイント □ 縦45mm×横35mm □ 3ヶ月以内に撮影 □ 正面 □ 無帽 □ サングラス無し □ マスク無し □ 無背景 □ 写真の裏面に名前を記入 写真は上記の条件に合えば、手持ちの写真やデジカメの写真プリント、家庭用プリンターの出力などでもOKです。 写真撮影の悪い例 帽子をかぶっている サングラスをしている マスクをしている 顔写真の貼り方 縁枠の内側点線に沿って写真を置き、セロハンテープで四辺をしっかりと貼付してください。セロハンテープを人物に重ねて貼ってしまうと、「taspo(タスポ)」に表示される顔写真にテープのあとが出てしまうことがありますので十分ご注意ください。 ※のり付けの場合、はがれてしまうことがありますので、必ずセロハンテープを使用してください。
申込書ウラ
住所が記載された書類のコピーを貼り付けてください。
■運転免許証 ■各種健康保険証 ■住民基本台帳カード(写真付) ■各種年金手帳 ■各種福祉手帳(身体障害者手帳/療育手帳/   精神障害者保健福祉手帳)■在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書含む) ■住民票(写し)※本人確認書類をコピーしてください。※有効期限のあるものは、期限内のものでお願いします。※本人確認書類の発行元の名称がしっかりと分かるようにコピーして貼り付けてください。※住所変更手続きがお済みの場合、住所変更記載のある箇所もコピーして貼り付けてください。※のり付けの場合、はがれてしまうことがありますので、必ずセロハンテープを使用してください。
すべての情報がしっかりと写るようにコピーします。悪い例:指名の確認が出来ない コピーの余白部分を切り取り、セロハンテープで四辺をしっかりと貼付
申込書ウラ
注:本人確認書類の住所が現住所と異なる場合のみ必要です ご用意いただいた本人確認書類の住所が、引越しなどにより古い住所のまま記載されている等、現住所と異なる場合に必要となります。以下のいずれかの公共料金領収書の原本またはコピーをご用意ください。
※住所変更のない場合、添付の必要はありません。 運転免許証の場合 【住所変更の記載がない場合】変更後の住所が記載された公共料金領収証の原本またはコピーを貼付してください。 【裏面に変更内容が記載されている場合】 運転免許証の住所変更記載面のコピーを貼付してください。 【住所等に変更がない場合】貼付の必要はありません。 公共料金領収証 □電話(固定・携帯) □電気 □水道 □都市ガス □NHK
申込書ご提出前のチェックポイント □記入漏れはありませんか? □写真は貼ってありますか? □本人確認書類のコピーは貼ってありますか?
※申込書のデザインは、予告なく変更される場合があります。
Web用申込書記入例ダウンロード
Adobe Readerのダウンロード PDFファイルを閲覧するためには、Adobe社から無償配布されているAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードいただけます。