taspoカードを紛失(盗難)しましたが、どうすればいいの?
A. 当Webサイトでお手続きいただくか、taspoダイヤルまでお問い合わせください。webでの受付は24時間承ります。taspoカードの不正利用防止のため、現在のカードを利用停止にしたうえで、新しいtaspoカードを再発行いたします。

※再発行には手数料(1,000円)が必要となります。
→関連するご質問はこちら
2位 taspoカードの再発行はどうすればできるの?
A. 1.次の理由による再発行の場合は、当Webサイトまたはtaspoダイヤルにてお手続きが可能です。
紛失/盗難
カード故障
※退会1年未満でのカード再発行のお申込みはtaspoダイヤルでのみお手続きいただけます。

2.お名前の変更による再発行の場合は、所定の申込書での手続きが必要になりますので、taspoダイヤルまでお問い合わせください。その場合、新しいお名前の本人確認書類の写しが必要になります。
→関連するご質問はこちら
3位 申込みに必要な書類はどのようなものなの?
A. 新規申込書、運転免許証等の本人確認書類のコピー、ご本人様の顔写真が必要です。
1.新規申込書<原本> ※郵送でお申し込みの場合
2.本人確認書類のコピー(有効期限内に限る)
運転免許証 ※携帯電話、及び一部のスマートフォンでのお手続きでは、運転免許証のみ受け付けています。
各種健康保険証
住民基本台帳カード(写真付)
各種年金手帳
各種福祉手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)
在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書含む)
住民票(写し) ※個人番号が記載された住民票(写し)はお使いいただけません。
マイナンバーカード(表面) ※(裏面)はお使いいただけません。
本人確認書類の「氏名」「生年月日」「住所」の記載がある面がコピーされていること
本人確認書類の住所が現住所と異なる場合、住所確認の補完書類として、発行日から3ヶ月以内の公共料金領収書の原本またはコピー(姓名が本人確認書類と同じ表記(漢字ほか)で印字されており、市区町村から住所の印字が漢字でなされているもの)
「通知カード」及び、個人番号が記載された本人確認書類は、お申込みに必要な本人確認書類としてお使いいただけません。
3.顔写真
注)ご提出いただいた書類または電子ファイルはお申込結果にかかわらず、返却はできません。あらかじめご了承ください。
→関連するご質問はこちら
4位 taspoカードを再発行する場合、手数料はかかるの?
A. taspoカードを再発行する場合によって異なります。
1.次の理由による再発行の場合は、手数料1,000円が必要になります。
・紛失/盗難によるカード再発行
・カードを破損したことによるカード再発行
・退会1年未満でのカード再発行のお申込み
2.次の理由によるカード再発行の場合は、原則無料になります。
・氏名変更によるカード再発行
・カード故障によるカード再発行
・災害救助法適用地域にお住まいの方へのカード再発行(一定期間)

※旧カードについては、切断のうえ破棄いただきます。
→関連するご質問はこちら
5位 taspoカードは身分証明書として使えるの?
A. 身分証明書としては、ご利用になれません。
taspoカードは、ICカード方式成人識別たばこ自動販売機でのたばこ購入のみのご利用となります。
ただし、対面販売によるたばこ購入時において、販売店様の個々の判断により成人確認の書類として提示を求められる場合があります。
→関連するご質問はこちら
成人識別に関して  「taspo(タスポ)」に関して 申込に関して 氏名・住所変更等に関して 再発行に関して
紛失・盗難・故障に関して 退会に関して 個人情報に関して その他
成人識別に関して
Q. なぜ、成人識別を導入したのか?
A. 従来から取り組んでいる未成年者喫煙防止対策の強化・充実の一環として、全国のたばこ自動販売機を対象に成人識別対応を図ることにいたしました。
未成年者による自動販売機でのたばこ購入防止は、社会的に重要な取り組みとなっており、たばこ業界としての社会的責任を果たすことが必要と考えております。皆様のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。
Q. ICカード方式成人識別たばこ自動販売機は、どのようなもの?
A. 成人だけに発行されるICカード「taspo(タスポ)」を用いることで、たばこが購入できる自動販売機のことです。
Q. 成人識別は、どのように行われるの?
A. taspoカードをICカード方式成人識別たばこ自動販売機のカード読み取り部にタッチすることによって成人識別を行います。
ICカード方式成人識別たばこ自動販売機では、taspoカードに記録された成人を証明する情報を、自動販売機が読み取ることで成人識別が行われ、たばこの購入が出来ます。
Q. ICカード方式成人識別たばこ自動販売機が導入されてどうなったの?
A. ICカード方式成人識別たばこ自動販売機ではtaspoカードがないとたばこの購入ができなくなりました。
taspoカードは、お申込みされた成人の方のみに発行されるものです。taspoカードをお持ちいただければ全国のIC方式成人識別たばこ自動販売機をご利用いただけます。
Q. ICカード方式成人識別たばこ自動販売機のネットワーク化はどのように行われているのか?
A. 無線による通信方式を採用しております。
Q. なぜ、ICカード方式成人識別たばこ自動販売機のネットワーク化を行うの?
A. ネットワーク化は、盗難や紛失等により利用停止となったtaspoカードの情報をICカード方式成人識別たばこ自動販売機に定期的かつ効率的に更新することによって、第三者によるカードの悪用を防止し、成人識別を適正に運営・管理することを目的としております。
Q. 海外では、このような試みがあるの?
A. 代表的な事例としては、ドイツで接触型ICカード(ゲルトカルテ:電子マネー付銀行カード)を用いた方式の成人識別たばこ自動販売機が導入されています。
ドイツにおいては、2007年1月以降、法定年齢(16歳)未満のものが自動販売機からたばこ製品を購入できないようにする措置を「青少年保護法」の改正の下に義務化され、ゲルトカルテによる年齢識別が導入されました。
Q. 24時間たばこ自動販売機でたばこが買えるようになるの?
A. 未成年者喫煙防止対策の一環として、全国たばこ販売協同組合連合会は、1996年4月より「屋外設置たばこ自動販売機の深夜稼動自主規制(午後11時〜午前5時の稼動停止を実施して来ましたが、2008年7月1日よりICカード方式成人識別たばこ自動販売機が全国で安定稼動し、自動販売機からの未成年者によるたばこ購入防止体制が24時間整ったことを受け、2008年8月1日を持って、深夜稼動自主規制が解除されることとなりました。
(一社)日本たばこ協会としても、この決定に賛同し協力していきます。ただし、自動販売機の深夜稼動の規制解除については、販売店様個々の判断によるものであり、対応については順次実施されてまいります。